噂になるだけ深い?

アニメなんて卒業したぐらいで自分では思っていた頃、新世紀エヴァンゲリオンが凄い話題になった。話題どころの騒ぎじゃなかったな。社会現象にまでなった。そんなに凄いのか?たかがアニメで凄いのか?と興味をひかれ、自分的にアニメ卒業だったが、噂になっているは見ておかないと。遅ればせながら見た。

「使徒」?!それって何?初号機、零号機と全く何の予備もないまま見たので、すべて謎だらけ。謎だらけだけれども、面白い!綾波レイなど、そのキャラが爆発的に人気になって、声優が一気にスターになった。声優のブームにもなったしなー。いろいろな流行りがあるが、まさか声優がなりたい職業の花形で、取り上げられるほどになると思わなかったし、その事と相乗効果でアニメの地位がグンと向上したのではないかと思われるぐらいの人気だったな。ストーリーが実によくできてて、奥が深い。

アニメだが、小説を読んでいる様な感じの素晴らしさがあると思った。社会現象にまでなる凄い人気になったのかが、わかった気がした。何よりもキャラクターの魅力的な性格、抱えているそれぞれの悩み、絵的にもかなりいい。単に見るだけでも面白いが、深く考えるのもいいアニメだと思った。

あぶら取りは気持ちいい

佐伯チズさんがテレビや雑誌やいろんなところで頻繁に見る機会があり、ブームに踊らされ本を買っては読んで、かなり信頼して、そうかそうなんだ。と今迄していたことを止めたり、加えたりちょっとはまっていました。顔の脂をあぶらとり紙でとるなんてもったいない。

私なんか~とか言っていたので、真に受けて、あぶらとり紙だと、肌の脂もとってしまうから、いけないんだ。と固く信じ、油浮きしても、あぶらとり紙使わず、肌に優しい、ガーゼハンカチとかで押える程度でいたのですが、あぶらがなくなるわけではなく、果たしてとれていたのかも怪しいのですが、いつもテカッテいました。自分では自分の肌の為と思っていたけど、他の女の人は皆あぶらとり紙を使って、テカテカしている人はいないんです。

でも、肌の為肌の為と思って佐伯チズさんをテレビであまり見なくなっても続けていましたが、流石にテカッテいるのは恥ずかしく、長く続けてきたけど、効果なんてわからないし、いいあぶらとり紙だったら大丈夫かと思い。何年ぶり?って感じで使ったら、スッキリ!良く考えれば佐伯さんの年齢とは脂の出る量違うし、やる事無かった。きっと今まで陰で散々言われていたんだろうな会社で。

お土産に文句

出張に行っていた人達はよくお土産を買ってきてくれます。そのお土産は数がかなり多い場合はみんなに配るのですが、ほとんどの場合は女子社員用みたいな感じで買ってきてくれるのか、数が余りないので、女子社員だけで食べてしまうのです。お土産は気遣いの表れで、すごくありがたいのですが、あまり美味しくなかったりすると、申し訳ないとは思うけれど、がっかりです。

がっかりなだけでなく、買ってきてくれた人のセンスが悪いとかまで言われてしまう恐ろしい食べ物でもあります。人の好みもあるので、好き嫌いはありますが、全員一致ではっきり言って「不味い」お土産があり、たまたま緑色だったので、お土産本来の名前ではなくこのミドリ酷い。これは最悪と次から次へお土産をコケおろします。確かに美味しくないですが・・・そして買ってきてくれた人の事に行き着きます。

買ってきてくれた人はいい人なんだけど、センスが無いのよねあの人。前も変な物買ってきたし。などとなってしまいます。きっと忙しい中、今まで食べていないようなものを選んでくれたのだろうけど、知らないモノを買うよりオーソドックスなものか有名なものを買った方が良いんだと勉強になりました。

気になりだすとどうしようもない

会社から家に帰る途中や家でくつろいでいる時にふいに、会社で消したと思ったけれど、電源つけっぱなしにしたかな?とか、しまったと思ったけど出しっぱなしにしてきた?などと、いきなり気になりだすことがあるのです。

火を点けっぱなしにしたとか、大したことではなく、他の人は気にもしないちょっとした事が気になってしまい、もうその事が頭から離れなくて、あるわけないのに私が電源をきちんと消さなかったから、それが元で火事になっちゃったらどうしようとか、勝手に想像して焦りまくって落ち着かず、もうプチパニック状態で頭から離れないのです。翌日会社へ行けば何ともなってなく、何でそんな考えが浮かんでしまうのか情けないです。何でも気にし過ぎてしまう所が自分でも嫌になります。

平日ですら次の日ドキドキするわけで、休み前に少しでもそんな事が頭に浮かんでしまうと休日が台無しです。気になって気になって、ゆっくり休むどころか、ストレスをどんどんため込んでいく羽目になり疲れてしまいます。3連休やゴールデンウィークなどの連休が続く時は嬉しいのですが、やってしまうと、長いだけに気になり方も半端なく何度か会社に確認しに行ったこともあります。病気ですね。

カラス恐るべし

ベランダに洗濯物を干していたら、カラスが威嚇してきた。何だ?何もしてないのに、なぜ威嚇してくるのだろう?と思っていたら、どうやら、隣の樹に巣があるみたいだった。カラスがいない隙に、樹を覗いてみたら、よく見えないが、巣らしきものがあった。前に、カラスは針金ハンガーで巣を作ると聞いたので、一度、針金ハンガーだけを吊るしてたらなくなっていた事があったな。

などと回想にふけり、これじゃ、危なくて洗濯物も干せないので、とりあえず大家にカラスが威嚇してくることと、隣の樹に巣がある事を話、何とかしてくれるように頼んだ。その後大家から連絡があり、なんでも、カラスは「野鳥」だとか。それで、今子育てをしているから、巣立つまでは何もできないと。野鳥ですか、確かに飼われてはないが害鳥であって、野鳥だとは思いもよらなかった。

しかも野鳥保護法が適用されるとは。結局巣立ちまで、威嚇を避けるべく部屋干し。カラスの為に洗濯物も干せない日々が続いたが、やっと巣を取る日が来た。何だかほぼ伐採の様だったが、驚いたのは針金ハンガーの量。物凄い量で何百ある?と言う感じ。その一本はもしかして貢献してしまったかもしれないが、すごい光景だった。

大雨の後の川

割と近くに川があるので、よく散歩しに行く。川に沿って土手が続いているので、土手散歩するのだが、なんとなく水辺の緑がある所は気持ちが良い。そんな川縁で釣りをしている人の姿も良く見る。釣りをしていいのか悪いのかよく分からないが、ともかく静かな川に糸を垂れ、ひっそりと釣りを楽しんでいる。

そんな穏やかな光景が、台風など来たら川でも荒れ狂うので危険だから近づかない。台風でわざわざ散歩することもないが。たまたま大雨が降った翌日川に行ったら、様子が違う。大雨で、川が濁り、水流も増している。それだけではなくて、何だか水面が違う。よくよくみれば、魚がいる!しかも大きい。大雨で、上流から流されてきたのだろうか?これは何と言う光景。中には水面からジャンプしている魚もいる。

大量の魚が、今、目の前の川に犇めいているのだ!これは面白そうだと思い。川岸に近づいてみた。いるいる魚が!今迄川にこんなに住んでいたのかと思うほどに魚がいる。小さく細長いのから、鯉なのか鮒なのかわからないが、黒くてでっぷりとした大きな体の魚までいた。皆上流目指しているのか川の流れに逆らって泳いでいる。大雨のお蔭で魚は大変だが面白い光景を見る事ができた。

絶対に枯れるサボテン?!

サボテンは西部劇などのシンボルのように水分が少ない砂漠地方などに生息していることが多く、乾燥地帯でもすくすくと成長しているように見え、枯れない丈夫な植物だとずっと思っていた。枯らすまでは・・・特にサボテンが好きなわけではなく、ただ何となく記念にと小さい物を買ってみた。はっきり言ってしまえば安いし世話しなくていいしインテリアにもなるからいいのではないかと思った訳です。

部屋の日上りが良くかなり良い場所に置き、霧吹きでたまに水分を与えていたのだが、時と共に元気がなくなって行くように思えた。これは環境が悪いのか?栄養が無いか?水足りないか?と考え肥料やってみたりベランダの一等地へ置いてみて、自分なりに手を尽くしたが、どんどん痩せて、色があせてきた。これはもしかして枯らしたのか?サボテンが枯れるのか?そんなバカな!と自問自答を繰り返したが復活する兆しが無い。やっちゃったな・・・あり得ない事だがサボテンを枯らした。枯れないモノを枯らすとはヤバいな。誰にもこの事は言うまい。

そう思ってきたのだが、ある時そのことをカミングアウトしたら、なんと同様の経験をしたものがいるわいるわ。安心した。結論安いサボテン育たない。それなら売るな!